正しい洗顔法でお肌がきれいに

肌のお手入れで絶対に必要なお手入れというのが「洗顔」です。
なぜかというと肌は保湿作用というのは多かれ少なかれ誰でも持ってるものですが、自浄作用というのは持ち合わせていないからです。

そのため、乾燥肌でも敏感肌でもきちんと洗顔を行う必要があると思います。
そうしないと汚れが溜まってしまい、毛穴のつまりやニキビの原因になってしまいます。

どういう洗顔料を使うのがいいかは自分の肌タイプに合わせて選ぶのがいいと思います。
大切なのは洗い方で洗顔料は必ず泡立てて洗う、ゴシゴシこすらない、タオルで拭く時もこすらないなどのことに気をつけて洗顔します。

洗顔料を泡立てる方法として、私は手のひらを少し曲げて洗顔料を適量のせ、水を少し加えて人差し指、中指、薬指を使って泡立て器の要領で泡立てていますが、慣れないと時間もかかるし、泡も上手に作れないので泡立てネットがあるなら使った方が時短にもなるし、きめ細かい泡が作れるのでおすすめです。

次に洗い方ですが、顔に泡をのせてゴシゴシは厳禁で、肌から指を浮かせる感じで優しく洗顔します。

泡をつぶさない感覚で丁寧に洗うといいと思います。

洗い流す時はぬるま湯で泡をしっかり洗い流します。

泡が残っていると毛穴のつまりや肌荒れの原因になるので、ここはしっかりやります。
洗い終えたらタオルで拭きますが、ここでもゴシゴシは厳禁です。

そっと押さえて水気を取る感じです。
洗顔が丁寧にできたら保湿も忘れずに。

正しい洗顔をするようになってから私の肌質も変わってきたと思います。